ヨーグルトは胃がん予防への効果も!?

Sponsored link

胃がん予防したい人に嬉しい|ヨーグルトのある生活

ヨーグルトの効果は腸内環境の改善だけではありません。実は近年、胃がん予防としてヨーグルトが注目されはじめているのです。胃がんには様々な原因が考えられますが、その1つにピロリ菌の存在があります。

ピロリ菌に感染した場合、胃がんの発症率が大幅に増加することが指摘されていることから、ピロリ菌の除去が胃がん予防にはとても大切なことが分かります。最近の研究によると、ヨーグルトに含まれている乳酸菌がピロリ菌の抑制に効果があることが分かりました。特にLG-21と呼ばれている乳酸菌は、胃酸に強い菌ということでピロリ菌の抑制や胃がん予防としての効果が期待されています。

既に商品化もされており、スーパー等でもよく見掛けるようになりました。ただし、あくまで予防という認識でいる必要があり、ピロリ菌を完全に除去したい人は病院での治療をオススメします。ヨーグルトを毎日食べることで胃がん予防、さらには健康維持に是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

Sponsored link

胃腸の不調がなくなった|ヨーグルトを習慣的に食べている人の体験談

病院に通うほどではありませんが、社会人になってからというもの軽度の胃炎に悩まされ続けてきました。ふと目にした雑誌の記事に掲載されていたヨーグルトの美肌効果整腸作用に感動し、毎日食べるようになってから1週間が経ちました。胃腸が弱いためヨーグルトを毎日食べ続けるのは少々勇気がいりましたが、いざ食べてみると下痢や腹痛なども起こらず肌荒れも心なしか収まってきたように感じます。

もしこのまま肌荒れの沈静化が継続するようであれば、自宅で手軽にヨーグルトが作れるメーカーを購入するつもりでいます。低価格な上、入手しやすいため今のところは毎日無理なく続けることができていますが、今後は自分なりのアレンジを加えてもっとたくさん摂取するつもりでいます。


Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ