ヨーグルトの歯周病への効果が話題に!

Sponsored link

歯周病が気になる人に嬉しい|ヨーグルトのある生活

ヨーグルトに乳酸菌が多く含まれていることは有名です。この乳酸菌が腸内環境を整えてくれるのはよく知られていますが、乳酸菌の働きはそれだけではなく、歯周病にも効果的な働きをしてくれます。歯周病は歯の付け根の部分に溜まる歯垢の中にいる、シンジバーリス菌という菌によって起こります。ヨーグルトに入っている乳酸菌はこの菌を攻撃して、歯周病を予防してくれる働きをしてくれます。歯茎が腫れていたり出血したり、口臭がきついと感じる人は早めの対策が必要です。

試しにプレーンヨーグルトで歯を磨いてみてください。歯ブラシで歯磨きをして口の中をキレイにしたらヨーグルトを歯ブラシにつけ、歯と歯茎の間に擦り込むようにして磨き口をすすがずにそのままにしておきます。直接指で擦り込んでも構いません。擦り込んだ乳酸菌は、虫歯の原因にはならないので心配はいりません。早い人は2、3日で効果が実感できますので歯周病予防にオススメです。

Sponsored link

歯医者に通うような虫歯はない|ヨーグルトを習慣的に食べている人の体験談

私は以前、虫歯が多く歯医者さんに通う日が多かったです。歯医者さんに通うことが多いと予定を組むのが大変ですし、色々と面倒なものです。私はヨーグルトを食べると虫歯が減るという話を聞き、これを実践してみることにしました。

ヨーグルトの成分には色々な種類が入っていて、身体に優しく健康的な食べ物として有名なのは知っていました。毎日の食事において積極的にヨーグルトを摂取するようになってからは、虫歯の数はかなり減ったような気がします。実際のところ歯医者さんに通う回数が減っているので、やはり少なからず効果があると実感しています。同じような悩みを持っているなら、この方法は簡単に実行できるのでオススメです。


Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ