ヨーグルトの生活習慣病への効果は必見!

Sponsored link

生活習慣病予防したい人に嬉しい|ヨーグルトのある生活

生活習慣病とは普段の生活が原因で発症する病気で、代表的なものは高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満で、死の四重奏と言われています。ヨーグルトがお腹に良いのはもはや常識で、便秘解消や肌荒れ解消に効果があると知られていますが、実は生活習慣病にも効果があるのです。

生活習慣病に何故ヨーグルトが効果があるかと言えば、牛乳そのものと乳酸菌が含まれていることです。お腹の中には様々な菌があります。ヨーグルトとは牛乳に乳酸菌を入れて発酵させたものですが、その働きは1)蠕動運動を活発にすることで便秘に効果があり、2)善玉菌を増やすことで、身体に悪い働きをする悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。3)悪玉菌が作り出す有害物質を吸着して、排出してくれます。4)免疫力を高める作用があります。

このため身体に免疫力がつき、悪い菌がついても病気として発症が抑えられているのです。人間の寿命との関連でも、ヨーグルトを常食されている地域の方は長命で古くからその効果が知られています。

Sponsored link

食べるだけで生活習慣病対策ができる|ヨーグルトを習慣的に食べている人の体験談

ヨーグルトが身体に良いということはなんとなく知っていましたが、ここまで効果的だとは思いもよりませんでした。医食同源とは言いますが、まさにその通りです。ヨーグルトはお腹の調子を整え、身体の中からキレイにしてくれるようです。

私がヨーグルトを食べ始めたのは、会社の健康診断で生活習慣病予備軍だと言われたのがきっかけでした。何か始めようと思いましたが、何から始めていいのか全く分からず、とりあえず身体に良い食事を心掛けることにしたというわけです。この年になると生活習慣病はとても怖い存在ですから、健康診断の結果に一喜一憂してしまいます。食生活を気をつけるようになってからというもの身体の調子も良く、1年で5kgも体重を落とすことができました。この分なら生活習慣病の不安もなさそうです。


Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ