ヨーグルトの下痢への効果は有名!悩んだら食べてみて

Sponsored link

下痢予防したい人に嬉しい|ヨーグルトのある生活

ヨーグルトは便秘の時に食べる食品というイメージがありますので「下痢の時には返って悪影響があるではないか?」と考える方もいらっしゃいますが、ヨーグルトは下痢の予防に非常に効果的な食品です。下痢を予防するための1番のポイントは腸内細菌をバランスを整える、ヨーグルトの整腸作用のことです。

腸内では善玉菌と悪玉菌、日和見菌がバランス良く存在しているのが理想なのですが、歳をとったり心理的なストレスを受けたり、荒れた食生活をしていると善玉菌が減って下痢をしやすくなってしまいます。ヨーグルトには善玉菌に分類される乳酸菌が豊富に含まれていますので、摂取すると腸内で数が減少した善玉菌を補充することができます。

ただし1度に大量に摂取したとしても意味がありませんので、毎日継続的に摂取を続ける必要がある点に注意が必要です。普段の食事にヨーグルトを1品追加し、無理なく継続的に乳酸菌の摂取を続けられるようにすると良いでしょう。

Sponsored link

下痢の時に利用|ヨーグルトを習慣的に食べている人の体験談

ヨーグルトと言えば便秘解消に食べる人も多いですが、自分の場合は下痢の時に食べるようにしています。逆にお腹が緩くなるのではと思われるかもしれませんが、食べることでお腹の調子が整い腸の具合がいい感じになる気がして重宝しています。

ただ、これは珍しいケースのようです。一般的には自分のように下痢の時にヨーグルトを食べるという行為は、症状を悪化させるこも多く、あまりオススメできないようです。ただ何故か自分の場合は、改善するんですよね。一応そこには善玉菌が腸内環境を整えてくれるためという、きちんとした理由があります。誰にでも効果がある方法ではないので、人に勧めることはできませんがこれからも続けていきたいと思っています。


Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ