ヨーグルトには子宮がん予防への効果があると発覚!

Sponsored link

子宮がん予防したい人に嬉しい|ヨーグルトのある生活

日常食べているもので子宮がんが予防できれば嬉しいことはありません。そのなかで今、子宮がん予防をはじめとした発がん物質を分解する働きがあると注目されているのが、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳酸悍菌などの乳酸菌です。

現在スーパーなどで販売されているヨーグルトには、様々な種類があります。よく見掛けるのが、砂糖などが入っていないプレーンタイプです。色々なタイプがありますが、できれば生きたままの菌をとることが望ましいです。なかでもプレーンタイプは余分な砂糖などが入っていないので、肥満を気にしている方でも食べやすいです。

また、よく成分欄にオリゴ糖が入っていますが、これはより効果を高めます。オリゴ糖はビフィズス菌を増やす働きがあり、他にもバナナやはちみつなどにも含まれるので、もし甘味が欲しい場合は砂糖の代わりに加えることがオススメです。

他にも腸内をキレイにする食物繊維も一緒に摂取すると、より効果が上がります。ちなみに乳酸菌は高い熱では死んでしまうので、注意が必要です。できれば1日に400mlから500mlぐらいは食べたいものです。

Sponsored link

最近は病気1つしていない|ヨーグルトを習慣的に食べている人の体験談

テレビや雑誌の健康特集などでヨーグルトに含まれる乳酸菌が、発がん物質が体内に作られるのを防ぐためがん予防に効果があると知ってから、毎日食後にヨーグルトを食べるようになりました。驚いたのはその効果です。がんどころか、最近は病院知らずと言っていいほど身体の調子が良いのです。

ヨーグルトを食べ始める前までは月に何度かお腹の調子が悪いなと感じる日があったのですが、毎日食べるようになってからはそのようなことがなくなりました。また、季節の変わり目に必ずと言っていいほどひいていた風邪にも、ヨーグルトを食べてから全くかからなくなりました。腸内の環境を整えることで様々な病気を予防するという話を聞いたことがありますが、今まさにそれを実感しています。


Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ