アシドフィルス菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について

Sponsored link

yogurt acidophilus アシドフィルス菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について

ヨーグルトの主要成分である乳酸菌の一種に「アシドフィルス菌」という乳酸菌があります。乳酸菌といえば、ヨーグルトの整腸作用などの効果が有名ですが、このアシドフィルス菌の効果はどんなものがあるのでしょう?
アシドフィルス菌の効果を調査してみました。

アシドフィルス菌の効果を学ぼう

アシドフィルス菌は生存範囲が広い乳酸菌という特徴を持っています。普通の乳酸菌は腸に存在しているのですが、アシドフィルス菌は腸だけにとどまらず、口の中や生殖器にも生息しているのですね。
ビフィズス菌が発見されたときに、その違いが指摘されてるようになり、ビフィズス菌とは別の菌としてアシドフィルス菌が命名されました。
アシドフィルス菌は初乳に多く含まれており、生存力の高い乳酸菌として知られています。酸や熱にさらされても生き残るので、普通に料理からアシドフィルス菌を摂取しても、腸まで生きて届くことが多いのですね。特にヨーグルトに多く含まれているので、アシドフィルス菌を摂取するならヨーグルトを食べるのがおすすめですよ。

Sponsored link

アシドフィルス菌の3つの注目ポイント!

  1. 生存力が高く、生きたまま腸を綺麗にしてくれる
  2. 重病の原因になるピロリ菌を殺菌してくれる
  3. 皮膚の症状や脱毛にも効果を発揮する!

①高い生存力で生きたまま腸で効いてくれる!

アシドフィルス菌の効果として注目されているのが、その整腸作用です。
多くの乳酸菌は酸や熱に弱いので、腸に届く前に死滅してしまうことが多いです。しかしアシドフィルス菌は生存力が強く、生きて腸にまで届くので、食べ物から摂取しても腸で効果を発揮してくれて、悪玉菌をやっつけてくれます。悪玉菌を減らすことで、毒素の排出も抑えられるので、便秘や下痢といったお腹の症状の改善に、アシドフィルス菌が一役買ってくれるというわけです。

②胃の病気の原因になりがちなピロリ菌への殺菌効果が!

アシドフィルス菌は乳酸菌では珍しく、胃に対しても効果を発揮してくれます。よく胃潰瘍や胃炎の原因になっているといわれるピロリ菌ですが、このピロリ菌に対してアシドフィルス菌が有効なのですよ。
アシドフィルス菌を摂取することで、胃の中のピロリ菌を殺菌してくれて、胃潰瘍や胃炎になる前に予防する効果があるのです。
ほかの乳酸菌は、胃に留まろうとすると死滅してしまうので、胃酸に強く生存力が高いアシドフィルス菌ならではの効果ですね。

③皮膚の症状や脱毛に効果のあるビオチンを生成!

アシドフィルス菌を摂取することで、体内で「ビオチン」や「ラクターゼ」といった成分を生成することができます。このビオチンを摂ることで、アトピー性皮膚炎を改善する効果があるという研究がされているため、アトピーの症状がある人はアシドフィルス菌を毎日の食事から摂取すると良いとされています。
またアシドフィルス菌が欠乏すると、皮膚の炎症や食欲不振、疲労感に脱毛などの症状が現れる可能性があるので、欠かさないようにしたい栄養素です。普通に生活をしている分には、ビオチンが不足することはないはずですが、症状に思い当たるフシがあるのであればビオチンを生成するために、アシドフィルス菌を摂取してみるといいでしょう。

yogurt seibun point 300x198 アシドフィルス菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について

アシドフィルス菌のまとめ

アシドフィルス菌は、本来乳酸菌が持っている整腸作用のほかに、胃の中でピロリ菌を殺菌して綺麗にしたり、アトピーなどの皮膚の症状を良くする効果が認められています。口臭も腸内環境の不順が原因のひとつなので、アシドフィルス菌によって悪玉菌を殺菌して、改善することができます。
ほかにもアシドフィルス菌は腸内や膣内で殺菌作用を発揮してくれて、カンジタ菌やブドウ球菌を殺菌してくれたり、コレステロール値を改善して上昇を抑える、という効果も分かっています。
あらゆる症状に効果があることから、アシドフィルス菌は「世界で最も売れている善玉菌」という異名を持っています。

yogurt seibun matome 300x200 アシドフィルス菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について


Sponsored link
サブコンテンツ

このページの先頭へ