ラブレ菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について

Sponsored link

yogurt lactobacillus 300x225 ラブレ菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について

ラブレ菌は最近CMなどで宣伝されており、乳酸菌の中でも有名になってきた印象です。ではこのラブレ菌にはどんな効果があるのでしょうか?
そこでラブレ菌を摂取することで得られる効果や特徴について調べてみました。

ラブレ菌の効果を学ぼう

乳酸菌には植物由来のものが多く、ヨーグルトの他には味噌や漬物といった発酵食品に植物由来の乳酸菌が含有されているケースが多いです。
そのなかでもラブレ菌は、「すぐき漬け」という京都の漬物から発見された植物由来の乳酸菌です。発見は意外に最近のことで、1993年に京都で発見されて、発見者の岸田鋼太郎博士と日東薬品工業株式会社が、共同で特許を取得しております。
ラブレ菌は、その正式な名を「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」とされていますが、長く呼びづらいために一般的には「ラブレ菌」と呼ばれて知られています。

Sponsored link

ラブレ菌の3つの注目ポイント!

  1. 驚異的な生存力で生きたまま腸に届く!
  2. 免疫力を向上させて、ウイルスやガンを撃退!
  3. 問題になりがちなコレステロール値を減少させる

①圧倒的な生存力で腸に届いて、整腸作用を発揮!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は酸に弱く、腸に届く前に胃酸などで死滅してしまいます。しかし漬物の乳酸菌は逆に酸に強く、すぐき漬けから発見されたラブレ菌もまた、胃酸に強いとされています。
胃酸に強いラブレ菌だからこそ、摂取後に胃で消化されてしまわず、腸に到達して乳酸を大量に生成し始めます。その後、腸の中にいる悪玉菌をやっつけて腸の中をキレイにし、ビフィズス菌などの善玉菌を増殖させるのです。その生存力の高さと効果から、ラブレ菌は整腸作用を期待して食べられることが多いです。

②免疫力へラブレ菌が作用してくれる

ラブレ菌には整腸作用の他に、免疫力を強化する効果もあります。病気に関係のある細胞を攻撃するNK細胞というものがあるのですが、このNK細胞の働きを活性化させる「インターフェロン」という成分を生成するのに、ラブレ菌が一役買っています、
ラブレ菌の働きでインターフェロンを増やしていくことで、免疫力を司るNK細胞を活性化させ、その結果ラブレ菌が体内のウイルスやがん細胞などを除去して、健康な身体を作ってくれるのです。

③コレステロール値を減少させて生活習慣病を予防!

ヨーグルトに含まれる他の乳酸菌と同様に、ラブレ菌はコレステロール値を減少させる効果もあります。体内にコレステロールが蓄積してしまうと、血液がドロドロになってしまい、血管が詰まってしまったり動脈硬化の原因になる可能性も。さらにヒドい症状になると、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性もあるため、ラブレ菌は非常に重要な成分とも言えます。
こういったコレステロールによる症状を、ラブレ菌の摂取で予防・改善ができるので、大事にならないうちに積極的にラブレ菌を摂るようにしましょう。

yogurt seibun point 300x198 ラブレ菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について

ラブレ菌のまとめ

ヨーグルトの乳酸菌としては異色の、漬物から発見された酸に強い乳酸菌がラブレ菌です。酸味の強い漬物から発見されただけのことはあり、酸性の強い胃酸にも負けずに腸に生きて届きます。
ラブレ菌の効果としては、整腸作用やコレステロール値の減少、ほかにもアレルギーの抑制など幅広い効果を発揮してくれます。注目すべきは、免疫細胞であるNK細胞を活性化する効果もラブレ菌にはありますので、様々な病気に対しての補助としてもラブレ菌は効果を発揮してくれるというわけです。
ラブレ菌は女性が悩みがちな肌荒れや便秘のような症状だけでなく、生活習慣病にも効果が高い優秀な乳酸菌なのです。

yogurt seibun matome 300x200 ラブレ菌の効果とは?ダイエットに役立つ成分について


Sponsored link
サブコンテンツ

このページの先頭へ