ダノンビオヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

Sponsored link

yogurt bio kuchikomi 300x289 ダノンビオヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

ビオヨーグルトの効果でのビフィズス菌の増え方を実験!

健康への効果に定評のあるダノンのビオヨーグルトのビフィズス菌の働きを検証するために実験をしてみました。ビフィズス菌がよく働いていれば、酢酸と乳酸を生成して腸内を酸性に保ってくれます。その結果、酸性に弱い悪玉菌を退治してくれるのですね。
ビフィズス菌の効果が強ければ、それだけ腸内にも長く留まるのです。ではビオヨーグルトの善玉菌は、しっかりと腸に留まってくれるのでしょうか?

Sponsored link

ビオヨーグルトの3つの実験ポイント

  1. 開封後のビオヨーグルトの酸性値を計測
  2. 腸内を模した環境で7日間放置
  3. 7日後にビオヨーグルトの酸性値を再計測

①ダノンビオヨーグルトの開封後の酸性値は?

ビフィズス菌が活発に働いていれば、どんどん酸を生成するので、ビオヨーグルトの酸性値が7日後には大きく増加しているはずです。
その働きを確認するために、ダノンビオヨーグルトをまず開けたばかりの状態で、酸性値を計測します。ダノンビオヨーグルトにも色んな種類がありますが、ここではオーソドックスなプレーンタイプを選択。
ビオヨーグルトにph試験紙を入れると、黄色からピンクへ変色しました。この酸性値の度合いとしては、実験で使用した他のヨーグルトと大差ない弱酸性でした。

②寒天培地でビオヨーグルトを7日間放置

ヨーグルトの整腸作用を測るうえで、乳酸菌がどれだけ長く腸に留まるか、どれだけ生きて腸にたどり着くかがカギとなります。たとえ乳酸菌を豊富に含んでいたとしても、腸の前で死んでしまうようでは効果が見込めません。
この乳酸菌の生存率をみるためにも、腸内環境にあわせて36度に設定した寒天培地で、ビオヨーグルトを培養してみました。この状況で7日間放置すると、ビオヨーグルトはどう変化するのでしょうか?

③7日後にビオヨーグルトの酸性地を計測

培養から7日間経過したら、再びダノンビオヨーグルトの酸性値を計測します。
寒天培地のビオヨーグルトにph試験紙をいれると、ピンク色へとさっと変色しました。色の変化も、ピンクというよりも赤に近く、より大きな酸性値を示していました。
今回のビオヨーグルトの変化は、3から4程度の酸性になり、実験したヨーグルトの中でも比較的大きな変化と言えるでしょう。

ビオヨーグルトの実験まとめ

さすがに1位や2位のヨーグルトには敵いませんでしたが、それでも実験対象のヨーグルトのなかではかなり大きな変化を示していました。結果としては、プロピルヨーグルト・カスピ海ヨーグルトに次ぐ第三位というところです。
このダノンビオヨーグルトの特徴としては、生存率が高いビフィズス菌「BE80菌」を含んでいるところです。食べられてから腸に届くまで、驚異的な生存率で体内に留まる善玉菌です。
このBE80菌という善玉菌の効果で、ビフィズス菌がしっかりと酸を生成して実験でも良い成績を残してくれました。
ビオヨーグルトは整腸作用にも期待が持てるでしょうね。

ビオヨーグルトについてもっと詳しく

yogurt bio 150x150 ダノンビオヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

高い生存率を誇るビフィズス菌「BE80菌」を配合されたヨーグルト。長期間、身体に留まって働くことで、整腸作用を発揮してくれます。また味に関しても、とろっとした触感に甘い味わいが、女性から人気を集めているヨーグルトです。種類も豊富なので、飽きずに食べ続けられるのがダノンビオヨーグルトの特徴。

>>ビオヨーグルトの詳細情報はこちら

>>ビオヨーグルトの公式サイトはこちら


Sponsored link
サブコンテンツ

このページの先頭へ