岩泉ヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

Sponsored link

yogurt iwaizumi kouka 岩泉ヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

せっかくヨーグルトを食べるなら、効果が高いものを食べたいですよね。とはいえ実際にヨーグルトを食べてみないと、その効果はどれくらいなのか分かりません。
そこで今回、岩泉ヨーグルトの効果を計測するために、酸性値を軸にした実験をやってみました。

岩泉ヨーグルトの効果でのビフィズス菌の増え方を実験!

ヨーグルトの効果は善玉菌によってもたらされます。そして善玉菌の中でも有名なのはビフィズス菌ですよね。
ビフィズス菌が腸の中で酢酸や乳酸を生成することで、腸内を酸化させて健康な状態をつくりだすのです。
岩泉ヨーグルトの場合、ビフィズス菌がどれくらい働いているのかを確認するために、酸性値を計測する実験をやりました。はたして岩泉ヨーグルトはどう変化するのでしょうか?

Sponsored link

岩泉ヨーグルトの3つの実験ポイント

  1. 岩泉ヨーグルトを開封時に計測
  2. 腸内を再現した環境で7日間放置
  3. 7日後に岩泉ヨーグルトを再計測

①岩泉ヨーグルトの酸性値を開封時に確認

岩泉ヨーグルトの酸性値の変化を知るために、まずビフィズス菌の効果を観測します。
実験に使用する岩泉ヨーグルトは90gのパックを選びました。この岩泉ヨーグルトにph試験紙を差し込み様子を観ます。するとph試験紙がピンクへ変色していき、弱酸性を示す5程度まで変化しました。

②腸内を再現した環境で7日間放置

ビフィズス菌が腸まで生きて届く、という点を売りにしているヨーグルトも多いですが、肝心なのはビフィズス菌が腸に長く留まるのかというところ。これを観るために実験で、腸内環境を再現した状態でのヨーグルトの変化を観ます。
腸内と同じくらいの36度に設定した寒天培地で岩泉ヨーグルトを培養し、7日間ほど放置します。岩泉ヨーグルトはどう変化するのでしょうか?

③7日後に岩泉ヨーグルトを再計測

腸内環境と同じ状態での7日間後、岩泉ヨーグルトの変化を確認します。
培養していた岩泉ヨーグルトにph試験紙を差し込むと、色は黄色からピンクへ変色。以前と比較しても大きな変化ではありませんが、4程度の酸性に変化しており、ちょっとくらいは変わっていたという印象です。

岩泉ヨーグルトの実験まとめ

材料に拘って作っており、生乳も選び抜いて使用しているヨーグルトです。岩泉ヨーグルトに使用しているビフィズス菌などは公表されていませんでしたが、実験の反応はあったので、なにがしかの善玉菌が働いているというのは間違いありません。
酸性化の効果自体は、あまり大きなものではなかったので、岩泉ヨーグルトの効果を期待するのなら、毎日食べて腸に刺激を与え続ける必要があるでしょうね。

岩泉ヨーグルトについてもっと詳しく

yogurt iwaizumi 150x150 岩泉ヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

材料を選びぬき、質の高い生乳を使って作られたヨーグルト。低音長時間発酵という手法で、新しい味わいを作り出しています。
岩泉ヨーグルトのバリエーションは、以下のとおり豊富にあります。

  1. 岩泉ヨーグルト90g
  2. 岩泉ヨーグルト400g
  3. 岩泉ヨーグルト1000g
  4. 岩泉ヨーグルト2000g

>>岩泉ヨーグルトの詳細情報はこちら

>>岩泉ヨーグルトの公式サイトはこちら


Sponsored link
サブコンテンツ

このページの先頭へ