プロピルヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

Sponsored link

yogurt propil ex 300x224 プロピルヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

プロピルヨーグルトを食べたあと、腸内でどのような働きをするのでしょうか?ビフィズス菌を増殖させ、善玉菌を活性化させるというプロピルヨーグルトの効果を、ph試験紙を使った実験で検証します!
はたしてプロピルヨーグルトの効果はいかに?

プロピルヨーグルトの効果でのビフィズス菌の増え方を実験!

プロピルヨーグルトに対してひとつの実験を実施します。内容は、プロピルヨーグルトを腸内と同じ温度で7日間保存し、その後プロピルヨーグルトに含まれている乳酸菌にどのような変化が出るかというものです。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が増殖しているのであれば、ビフィズス菌の乳酸や酢酸の生成効果によって、酸性値が上昇しているはずです。
プロピルヨーグルトの効果として、ビフィズス菌の数を5倍に増やすというものがありましたが、果たしてこのプロピルヨーグルトの効果は本当なのか、実験によって確かめてみましょう。

Sponsored link

プロピルヨーグルトの3つの実験ポイント

  1. 手作りしたあとのプロピルヨーグルトのph値を計測
  2. プロピルヨーグルトを腸内温度にあわせて一週間放置
  3. ph値の変動具合をチェック

①プロピルヨーグルトの手作り時点でのph値を計測!

実験でビフォー・アフターを計測するために、まずプロピルヨーグルトの元のphを測定します。手作りヨーグルトなので、水とプラモデルを混ぜて、しっかりと固めたら準備完了!
作りたてのときのプロピルヨーグルトのph値は5でした。ph試験紙は、弱酸性を示す黄色のままで、他のヨーグルトと大差はありません。
このプロピルヨーグルトのph値が、どのように変わるのでしょうか?

②寒天培地を腸内温度に調整して、1週間放置

プロピルヨーグルトが腸内でどのように変化するかを検証するために、腸内温度に合わせた寒天培地を使って実験します。調整温度は人間の体温と同じくらいの36度強にします。もしこの環境でプロピオン酸菌や乳酸菌が死んでしまうと、期待以下の効果しか出ないこともありますからね。しっかりと乳酸菌やプロピオン酸菌の働きをチェックしましょう。

③プロピオン酸菌の活動の結果、強酸性に変化!

1週間後、腸内環境と同じ温度で放置したプロピルヨーグルトをph試験紙で計測!
プロピルヨーグルトの酸性値がどれくらい変化したかを調べます。その結果、前回は黄色のままだったph試験紙が、しっかりと赤色に変化しまし、2ほどの強酸性と表れました。同様の実験をしたヨーグルトの中で、この変化値は最大のものです。この実験で、プロピルヨーグルトの腸内のビフィズス菌を5倍に増やすという効果は、実際に発揮されそうだということが分かりました。腸内の善玉菌は、しっかりと増殖させられていることになりますね。

プロピルヨーグルトの実験まとめ

プロピルヨーグルトの特徴として注目すべきは、ビフィズス菌の数を5倍に増殖させる効果を持つプロピオン酸菌を含有していることです。手作りヨーグルトを完成させた直後は弱酸性という状況だったのに対し、プロピルヨーグルトを腸内環境に似せた状況で7日間置いた結果、強酸性にまで変化しました。しかも酸性度の強化度合いは、他のヨーグルトと比較しても最大の変化でした。
ここまでヨーグルトの酸性が強くなったということは、腸の中で乳酸や酢酸を増やしており、悪玉菌を苦手な酸性でやっつけている証拠です。こうして悪玉菌を腸の中から減らすことで、整腸作用や免疫力の向上にも効果を発揮しています。
つまりプロピルヨーグルトを食べることで、腸の働きを良くする効果があるというのは正しいようですね。

プロピルヨーグルトについてもっと詳しく

yogurt propil 150x150 プロピルヨーグルトの効果は?成分の動きを徹底検証!

腸の中でビフィズス菌を5倍にまで増殖させる「プロピオン酸菌」を含有した世界初のヨーグルト。味も爽やかで食べやすい、料理にも使いやすいという口コミが多数集まっています。

>>プロピルヨーグルトの詳細情報はこちら

>>プロピルヨーグルトの購入はこちら


Sponsored link
サブコンテンツ

このページの先頭へ